小豆の煮汁の現代版が完成。戦国あずきを水やお湯に溶かして飲むだけで基礎代謝が上がりアレルギーに強くなります(無味無臭です)。
ポリフェノールやミネラルをたっぷり含んだまま、太る原因だったでんぷん質やタンパク質を取り除くことに成功。デトックス対策イチオシが誕生しました。


戦国時代の毒見役

 なぜ、戦国あずきなの?と尋ねられます。
 あずきは、昔から 身体に良いと言われてきました。 具体的には、栄養保持と解毒に役立ってきました。あずきは炭水化物で貴重なタンパク質です。ビタミンも豊富です。

 さて、時は戦国。将軍(藩主)や側室の食事に毒が混じってないか、悪くなっていないかをチェックする毒見役(見は味ではない)について少々。 江戸時代の毒見法(大奥では)はこうです。食事は10人前を用意する。そのうち、2人前を毒見役に食べさせる。残りの8人前のうち2人前を付き添え人に食べさせる。最後に残った6人前で食事をする。食事は、御膳ひとつに対しひとつの小皿とする。つまり、複数の膳からひと皿ずつを選んで用心して食べる。 毒見役が口を付けてすぐに苦しみもがけば毒入りで危険だ!とわかりますが、1〜2時間経過してから毒の反応がでたのでは、とき既に遅しで毒見役としては失格です。そのため、すぐに毒を発見できるように工夫されました。
 毒見役は、
 1)見分ける、匂いをかぐ、舌のしびれで毒見
 2)毒に反応する箸や皿(黒く変色)による毒見
 3)解毒生薬を飲んで反応を見る毒見
の3重チェックを行っていました。 この3)の解毒生薬に、あずきの茹で汁、ドクダミ茶などがありました。特に、あずきの茹で汁を大量に飲むと、短時間で食べたものを吐き出しますから、それが悪かったかどうかがわかりやすく重宝したと考えられます。

 最近は、からだにとって不要な毒を排出する健康法=「デトックス」が広がっていますが、あずきの茹で汁は古くからのデトックスだったようです。

徳川家康