〜弁膜症について〜



1.弁膜症

 心臓の弁はいろいろな原因で変形し、そのために心臓の中で血液の異常を来たし、スムーズに血液を体内に送り出すことが出来なくなった状態をいいます。 これによって、胸が苦しいとか、体がだるいとか、息苦しいという症状が出ます。その程度が強くなった状態を心不全といい、動悸、咳や血痰、呼吸困難や足の膨れ(浮腫)といった状態になります。
程度が激しい時には、チアノーゼとなり、血圧も低くなり危険な状態になります。呼吸も横になっている時よりも、坐っているときの方が楽になります。

2.増帽弁狭窄症

 左心房と左心室の間にある弁で2枚により構成されており、これがリウマチ等により交連部が癒合した結果狭くなり、血液が左心房から左心室へスムーズに流入できなくなった状態です。

3.増帽弁閉鎖不全症

 何らかの原因で増帽弁に大きな変形を来たし、完全に閉鎖しなくなって左心室から左心房へ血液が逆流した状態をいいます。

4.大動脈弁狭窄症

 これは、大動脈弁の3つのポケットの交連部が癒合して弁が開いたときの面積が狭くなり、左心室から大動脈へ血液を送るのに左心室が過剰な仕事をさせられている状態です。狭心痛を来たすこともあり、狭心症と同じ症状となることもあります。

5.大動脈弁閉鎖不全症

 大動脈弁とは、3つの大きなポケットが中央に合わさって形成されています。大動脈から左心室に血液が逆流するのを防止する役割をしていますが、これが何らかの原因によって変形し大動脈から左心室へ逆流する状態をいいます。


Copyright(C) Team IHJ 1996-2007 CEDARS Communications Co.,Ltd. All rights reserved.