〜不整脈について〜



1.心房細動と心房粗動

 心房細動・心房粗動は、心房が不規則な運動をすることであり、左心房に血液の停滞が生じて血のかたまり(血栓)が生まれます。その血栓が左心室を通過し、脳の血管に流れ血管がつまって脳梗塞になることがあり、心房細動の病気の人は、脳梗塞の予防として血液の坑凝固療法が必要です。

 心房細動を手術して治す方法があり、これをMAZEの手術といいます。心房細動で特に血栓が流れ出て、脳血管につまり脳梗塞になった人で、ほぼ完全に回復された方は、心臓を手術して治す方法を希望して来ます。他に僧房弁疾患で心房細動の手術も合わせて行うこともあります。

2.洞機能不全症候群と房室ブロック

 体が必要としている脈拍を維持することが出来ない状態で、そのため脳の血流が低下してしまい、めまいや失神などの症状を呈します。内服薬で治療できることを第一としますが、ペースメーカーの植え込みが良い方法と考えています。

3.増帽弁閉鎖不全症

 何らかの原因で増帽弁に大きな変形を来たし、完全に閉鎖しなくなって左心室から左心房へ血液が逆流した状態をいいます。

4.大動脈弁狭窄症

 これは、大動脈弁の3つのポケットの交連部が癒合して弁が開いたときの面積が狭くなり、左心室から大動脈へ血液を送るのに左心室が過剰な仕事をさせられている状態です。狭心痛を来たすこともあり、狭心症と同じ症状となることもあります。

5.大動脈弁閉鎖不全症

 大動脈弁とは、3つの大きなポケットが中央に合わさって形成されています。大動脈から左心室に血液が逆流するのを防止する役割をしていますが、これが何らかの原因によって変形し大動脈から左心室へ逆流する状態をいいます。


Copyright(C) Team IHJ 1996-2007 CEDARS Communications Co.,Ltd. All rights reserved.