〜腹部大動脈瘤について〜



1.腹部大動脈瘤とは

 心臓から出た大動脈は背骨のすぐ前を下行し、へその下あたりで左右の足へ行く動脈に分岐します。この分岐直前の大動脈が瘤状にふくれて破裂の危険があるものを腹部大動脈瘤と呼んでいます。
 原因はほとんどが動脈硬化によるものですが、まれに梅毒や細菌感染によるものも見られます。

2.症状と診断

 症状は腹部に拍動性腫瘤(心臓の拍動にあわせてドキドキ脈を触れるしこり)を触知することが特徴的です。しかし、これはある程度以上の大きさにならないと触れにくく、また肥満型の人ではさらに触診が難しくなります。また一般に痛みはなく軽度の違和感や圧迫感があるのみのため、消化器系の病気の際などに偶然に発見されることも少なくありません。ただし、もしこれに痛みを伴う場合には動脈瘤の急激な拡大や破裂の可能性もあり注意が必要です。
 腹部大動脈瘤が疑われたらまずCT検査と腹部超音波検査が行われます。これらは痛みもなく簡単に受けられる検査なので外来で行うこともできます。これらで腹部大動脈の拡大が認められれば診断は確定しますが、手術のためにはさらに血管造影検査を行って、動脈瘤の範囲や腎臓への動脈との関係などを確認する必要があります。
 また、腹部大動脈瘤は動脈硬化性のことが多いため、高血圧や心臓・腎臓の疾患、糖尿病などと高率に合併します。したがって、大動脈の検査と同時にこれら合併疾患の検査も行わなければなりません。

3.治療

 原則として動脈瘤となっている部分の大動脈を人工血管に取り替える手術が行われ、これが唯一の根本的治療法になります。
 手術が必要とされるのは、動脈瘤の大きさが直径で4から4〜5p以上の場合とされています。動脈瘤が破裂する前に待機的に(十分に検査・準備をして)手術を行った場合は比較的安全に行えます。しかし、一旦破裂してしまうと大量の出血で急激な経過を取り、すぐに命に関わる状態となります。
 もし、うまく手術まで行えてもその成績は待機的手術に比べて極めて不良となります。したがって、将来的に拡大・破裂する可能性があると判断された場合は早い時期に手術を考慮した方がよいといえます。
 ただし、先に述べたように腹部大動脈瘤は動脈硬化性のいろいろな病気に合併していることが多く、特に心臓・腎臓などの病気を合併している場合には、注意が必要です。すなわち、これらの人では手術の危険度が高まるため、合併疾患の治療を先に行ったり、さらに拡大して破裂の可能性が高くなるかどうかを手術を延期して様子を見ることもあります。
 手術に使用される人工血管はタグロンと呼ばれる特殊な人工繊維でできており、耐久性にすぐれ生体とのなじみも良いため、半永久的に体内で機能し、将来的に交換する必要はありません。適切な時期に動脈瘤を人工血管に置換されればそれから安心して生活ができるわけです。
 最近大動脈内にステントグラフトと呼ばれ、人工血管を動脈瘤内に挿入し治療する方法があります。しかしまだ日本では保険適応になっていません。

 大動脈瘤は腹部だけでなく、胸部や心臓の近くにもできますが、腹部大動脈瘤はこれらに比べて診断も容易で手術も安全に行えます。破裂する前に発見して手術することが大切です。


Copyright(C) Team IHJ 1996-2007 CEDARS Communications Co.,Ltd. All rights reserved.