〜閉塞性動脈硬化症について〜



1.はじめに

 動脈硬化は全身のあらゆる動脈に病変を引き起こしますが、特に下腹部から下肢の動脈が狭窄や閉塞をおこすものを「閉塞性動脈硬化症」と呼んでいます。中年以上の男性に多く、特に近年食事の欧米化とともに増加していますが、神経痛などとして放置されていることもまだ多いようです。

2.症状

 症状は動脈の狭窄・閉塞によって四肢に十分な血液が供給できないことによって起こりますが、一般にその進行とともに四段階に分けられます。
(1度)下肢の冷感・しびれ感。
(2度)間歇性跛行(かんけつせいはこう)短い距離を歩いただけでふくらはぎや臀部に張りや痛みが出現し、立ち止まって休むことにより数分で回復してまた歩けるようになることをいいます。
(3度)安静時疼痛
(4度)潰瘍、壊死

3.診断

 血流に障害のある足は一般に冷たく、色は蒼白で、足首や甲の動脈は脈を触れにくくなっています。これらは、サーモグラフィーによる温度測定、ドップラー血流計による下肢血圧測定、趾尖脈波測定などで確認されます。このような検査で動脈の閉塞・狭窄が疑われた場合は血管造影検査が行われます。これは造影剤と呼ばれる特殊な薬剤を血管内に注入しながらレントゲン撮影を行うもので、これによって、動脈の閉塞・狭窄の部位や範囲、血流の状態などを知ることができます。

4.合併疾患

 動脈硬化は全身性の疾患であり、このような下肢動脈の動脈硬化病変を持っている人には、全身のあらゆる部位の動脈に病変が存在している可能性が高いといえます。したがって高血圧・心臓病・脳血管障害・腎臓病などと閉塞性動脈硬化症は高率に合併するため、必ずこのような全身の動脈硬化性疾患の検査も合わせて行わなければなりません。特に、狭心症などの心臓疾患は足の痛みのために運動や労作ができないため、症状が隠されていることがあり十分な注意が必要です。

5.治療

 症状が軽く血流障害の程度も軽度の人には、禁煙・保温などと歩行訓練・運動療法(血管リハビリテーション)で血行を改善させ、血液の流動性を良くしたり、細い血管の拡張を促すような薬剤を用います。しかし、症状が強く、比較的大きな動脈に強い狭窄や閉塞があるときは、外科的治療が考慮されます。動脈の狭窄・閉塞部位を飛び越えるように人工血管や自分の静脈などで橋渡しを行う手術(バイパス手術)が一般に行われます。
 これに対して近年カテーテルと呼ばれる細い管を動脈の中に挿入し、狭くなった部分を風船でふくらませたり、削り取ったり、レーザーで広げたりする治療法が実用化されてきました。さらにステントを挿入して、風船でひろげた血管壁をささえる方法があります。これらの方法によると手術の必要は無く、入院も短期間ですむという利点があり、当院でも早くから取り組んでいます。
 さらに、病気が進み血管の閉塞が細い動脈にまで及んだりすると、バイパス手術も不可能となり、場合によっては趾や足の切断も考慮されることになります。
 また、前述したような合併疾患に対する治療も重要で、心臓などの治療を先に行わなければならないことも少なくありません。

 このように閉塞性動脈硬化症は最終的には足を失うような恐ろしい病気ですが、その一方で適切な時期に治療を行うと症状の改善は劇的で、社会的な活動度も大きく上昇します。さらに、全身の動脈硬化性疾患との関係も強く、もっと関心をもたれるべき病気と言えるでしょう。


Copyright(C) Team IHJ 1996-2007 CEDARS Communications Co.,Ltd. All rights reserved.