花粉症の症状が今出ている人に「ビノケア」。ついに、花粉症今対策をお届けします。従来の花粉症予防法ではなく、今すぐに、「鼻水、くしゃみを止めないと!」、「ボーッとしてはいられない!」という、芸能人やアナウンサーや司会者、舞台やステージなど人前にたつ方、受験生や車の運転の人に 大変貴重で稀少な今対策のビノケアです。お申し込みは「今すぐに!」
花粉症,今年の花粉は強敵だ

マスクができない辛い時、試験や会議に集中したい時

本番30分前に!カラダの中から変わってゆく

ビノケア Vino Care

●ビノケアを食べると

→ 戻る


●ビノケアと予防、洗浄の組み合わせ

今まで通りに、マスク、手洗い、うがい、洗浄を行い、本番前の30分のビノケアを。また常用により、体内の細胞の花粉やアレルゲンへの過剰反応がおさまり始めます。

→ 戻る


●花粉症(アレルギー性鼻炎)ってなんだろう?

花粉症(アレルギー性鼻炎)は、「細菌やウィスルなど外部から異物がカラダに侵入したことで、主に鼻の粘膜に炎症性の変化が起こり、異物を体外に追いだそうとする鼻水、くしゃみ、涙目の過度な症状」です。去年まではまったく大丈夫だったのに、今年はなぜこんなに花粉症がひどいのだろう?大丈夫な年やダメな年があったりするのはなぜ? など花粉症は不思議ですし、厄介です。

→ 戻る


●炎症性の変化がなぜ起こる?

花粉症の仕組みを簡単に解説します。

人は異物が侵入すると異物と戦うように反応します。空気中に浮遊する細菌・ウィルスなどの微生物を吸い込んで感染してしまった細胞を「抗原」といいます。抗原が発生すると、感染情報は他の細胞に伝わります。その中で、リンパ球のB細胞は変化し、「抗体」となって「抗原」にくっついて活動を抑えます。B細胞の変化はリンパ球のヘルパーT細胞(Th2)が手伝います。

抗体ができはじめると、抗原は次々に発生するだろうと予測され、抗原を待ち構えるように、どんどん抗体づくりがはじまります(ヘルパーT細胞のTh2がどんどん増えます)。過剰に作られた抗体は、マスト細胞(鼻粘膜にある)を刺激します。刺激されたマスト細胞からはヒスタミンが次々に出されます。ヒスタミンは、鼻水、くしゃみ、涙目などの生理現象を引き起こして体外に異物を追いだそうと働きます。

→ 戻る


●鼻炎薬といえば、抗ヒスタミン薬

鼻水止めの抗ヒスタミン薬は、「ヒスタミンの働きを抑制」することにより鼻炎の症状を緩和させます。一方で、ヒスタミンは、普通に体の中で合成されている物質で、脳の中では神経細胞に働き、覚醒状態の維持、食行動の抑制、記憶学習といったことに重要な働きをしています。 このため、抗ヒスタミン薬により必要以上に「脳のヒスタミンの働きを押さえる」状況が発生すると、眠くなり、記憶学習の働きが鈍ります。試験、面接、会議、接客での集中力、記憶力が落ちます。また常用することで胃腸の粘膜が弱ります。

→ 戻る


●これからの食に

細菌・ウィルスが世界的に猛威を振るっています。ワクチンの開発が間に合わないほどです。空気感染は人にとって致命的です。この対策に注目されているのが「乳酸菌や発酵食品」です。私たちは、お陰さまでわりと容易に、乳酸菌、納豆、糠どこ、キムチ、アンチョビ、味噌、醤油、チーズ、ヨーグルト、塩辛、鰹節、飯寿司、あま酒、紅茶などを食べることができます。これらの食は免疫力を高める効果があることでも知られています。普段から乳酸菌や発酵食品の摂取に心がけることはとても大切です。

受験勉強、人に会う仕事(接客)、面接、会議などの本番の時、ビノケアを食べてアレルギー症状を抑え、力を発揮されることを願っています。

→ 戻る


ビノケアは販売を終了しました


花粉症の症状が今出ている人に「ビノケア」。ついに、花粉症今対策をお届けします。従来の花粉症予防法ではなく、今すぐに、「鼻水、くしゃみを止めないと!」、「ボーッとしてはいられない!」という、芸能人やアナウンサーや司会者、舞台やステージなど人前にたつ方、受験生や車の運転の人に 大変貴重で稀少な今対策のビノケアです。お申し込みは「今すぐに!」